スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



cakesの有料会員になってから1ヶ月経ってみてレビュー 

39

cakesってご存知でしょうか?

ニコニコ界隈の人は知っている人が多いかもしれませんが、
平たく言うと有料のWebマガジンサイトです。

近年、ブロマガやメルマガが以前とは改めて見直されているように
有料で記事を提供するWebサイトが台頭している中で
その中でも突出したクオリティと豊富なコンテンツを有している
Webサイトです。

今回1ヶ月間有料会員になってみたので感想をメモりたいと思います。


 

有料会員と無料会員の違い


違いは単純明快で、有料会員であれば過去のコンテンツまで
全て閲覧できます。
例えばチャンネル登録のような別途支払いが必要なコンテンツは無く、
月額500円で全コンテンツが閲覧可能となります。

逆に無料会員は過去のコンテンツが殆ど閲覧できません。
このへんがニコ動と異なるところで、閲覧不可という厳しい制約があります。
但し、最新のコンテンツは殆ど閲覧可だったりします。
このあたりは後ほど詳しく書きます。


肝心のコンテンツは? 


基本的にテキストのコンテンツになります、一部はニュース的な記事もありますが
殆どは雑誌にあるコラムのような記事が大部分です。
そしてそのコンテンツが質量ともに圧倒的なのに驚かされます。

まず記事の数はこのブログ執筆時点で5612本とのこと。
Web記事としては普通のように見えますが、1つ1つの記事の質・文量が違うので
他と比較にならないほど圧倒的な良記事数です。

そして、私が有料会員になった一番の理由は連載している著者たちです。

ドワンゴの川上会長、東浩紀さん、津田大介さん、経済学者の木暮太一さん、
けんすう氏などなど、、のそうそうたるメンツ。
まさにネットメディアならではの豪華メンバーに一瞬で惹かれました。

特に現在も連載中の川上会長へのインタビュー記事は
神発言の連発なので是非一読をオススメします!


 

アプリが素晴らしい


社長がアスキーの編集者として活動されていた加藤さんということもあり、
UIのこだわりが半端じゃありません。
UIが凄いと言っても派手なアニメーションや、フラットデザイン使いまくり!
というわけではなく、あくまで本業のコンテンツを引き立たせる作りになっており、
記事を開いた時の文字の大きさ、フォント、写真構成に拘りが感じられ
素晴らしく見やすい形式になっています。

また、AppleIDからの支払いも可能なので私もAppleID支払いで登録しました。
このあたりはプラットフォーム側のことを思うと、Appleへのマージンが発生する
デメリットよりも、クレジットカード登録などの障壁が無くなるメリットの方が大きいという
判断なのでしょうね。

なお、Androidアプリは未だリリースされていないようです。

競合との違い


競合っていうか、メルマガや特にリリース時によく比較されていた
ブロマガとの違いを書いておくと、記事の質は主観によって変わるので避けるとして、
やはりUIと課金の仕組みの違いが大きいと思います。 

課金でいうと、メルマガ/ブロマガは例えるなら単行本のように
個別の作者のチャンネルに向けて購入する形となりますが、
cakesは一回の登録で全作者の記事が見れるので
Aさんの連載も見たいし、Bさんの連載も見たいといった時に
二重で課金されることが無いわけです。

UIは先に書いた通りです。

総括


さて、ここまで長々と良いところばかり書いてきましたので
最後に少し落としておくと、
私自身は最初の1ヶ月で有料会員を解約しました!

理由はひと通り、好きな作者の過去の連載を読めたのと
最新記事は殆ど無料で読めるからです・・。
投稿されてから数週間経つと有料化してしまうのですが、
好きな連載をフォロー登録しているとアプリから通知してくれるので
見逃すこともないのです。

これは最初は無料記事で惹きつけて、ハマった時点で有料へ呼びこむといった
課金システムの王道と違う力が働いているように見えますが、
現在は普及期なので、私のようなニーズのユーザを手放してでも
新記事無料開放を選択しているのだと想定しています。

というわけで、まとめると私のように好きな連載だけ見たい人は
1ヶ月有料登録後に最新記事は無料会員として見ればいいし、
色んな作者の色んな記事を見て出会いを求める人は
有料会員を続けて色んな記事を見てくのもいいと思います。



 

関連記事



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。