スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Nexus7(2013)を10ヶ月使ってみた感想 
 ベタなタイトルですが、そのまんまで
Nexus7(2013)を使い始めてから10ヶ月程が経ちました。

私は初代Nexus7から連続で使っているNexus7ユーザなのですが、
使ってみて色々思うところがあるので
初代や他のタブレットとかも比較しつつ、述べてきたいと思います。


 

Nexus7は最強の読書タブレットである


Kindleユーザからお叱りを受けそうですが、
個人的には最強の読書タブレットだと思っています。

何よりもサイズと重量。
Wifiモデルは290gと他のタブレットと比較しても
最強レベルの軽さです。

加えて、やや縦長のサイズ。
賛否両論ありそうなところですが、これ程手にフィットして
電子書籍が読めるタブレットは無いように感じます。
満員電車の中でも全く苦になりません。

ipad miniはやや太すぎる感があり、
kindle fire hd7も角張った形と厚さが気になります。

地味ですが、初代Nexus7と比べて最も進化したポイントの
1つがこのサイズだと思います。

解像度が良いに越したことはない


やはり、最もウリである323ppiのディスプレイは強烈で
購入から10ヶ月経った今も全く色褪せません。

初代Nexus7も当時の7インチ界では解像度の良い方でしたが、
Nexus7(2013)はppiとしてはiphoneと殆ど変わらない訳で
ブラウジングでも、電子書籍でも1度使い始めるともう初代には戻れないですね。

意外に良かったのが音質


意外と気にされてませんが、地味に良かったりするのが
音の部分で、動画再生の時などipad等とも比べても圧倒的に良いです。

ハードウェアとしてもステレオになったのに加えて、
ソフトウェアの部分でも改善されているようです。



後は、Android固有の利点となりますが
ipad mini、kindleに比べて以下の優位性があります。

・GooglePlayのアプリが使い放題
→iOSに比べてると質は低いかもしれませんが、アプリ数はいつのまにか超えているようで
Amazonアプリストアとは比べるまでもありません。

・自由度の高さ
→やはり、ウィジェットの自由度は格別です。タブレットのため
バッテリーも気にならないのも大きいです。



以上、駆け足で挙げていきましたが、
あらためて7インチタブレットでは最強だと思います。

ほとんどのガジェットは半年も経てば購入当初の輝きが薄れてくるのが
常ですが、まだまだ全く色あせないところはあの値段では圧巻の一言です。

そろそろ次期のNexus(Nexus8?)の噂が出ていますが
今回は見送ろうと思っています。
関連記事



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。