スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



メルマガをKindleへ自動連携して閲覧する手順 

_54.png 



最近、宇野常寛さん主催のPLANETSチャンネルのメルマガを登録してみました。
PLANETSメルマガの感想はおいおい載せるとして
何故今メルマガなのか?というと、メルマガというメディア形態自体に興味を持っていたんですよね。

メルマガは00年代のガラケー絶頂期に「まぐまぐ」などを筆頭に一世を風靡したあとに
一時下火となりましたが、
最近では、ホリエモンや津田大介氏などのニコニコ界隈を中心とした
ネット界の著名人によって質の高くて持続性もあるメルマガがジワジワ流行ってきています。

私自身もちょっと前まではメルマガはオワコンだと思っていたのですが、
今あえてメルマガという旧来のテクノロジーを活用して、
会員オンリーの良質の記事によってマネタイズすることと同時に自身のブランディングを高める
という仕組みに興味が湧き、機会があれば購読したいと考えていました。

また、電子書籍の存在がメルマガが真にマガジン化できるという意味で
気は熟したことも一因してます。

というわけで、今日はメルマガをより見やすく閲覧するために
Kindleアプリと自動連携する手順をメモります。




連携方法


実現するにあたって、InstapaperというWebサービスを経由します。
理由はKindleで閲覧するためにはmobiファイルというファイル形式に
変換する必要があり、そのままのメール文体では見れないからです。

流れとしては、
1.Gmailでメルマガ受信したらInstapaperへ転送
2.Instapaperで受信メールをmobiファイル形式で変換し、Kindleへメール転送
3.Kindle側で受信して閲覧可能に!

という3段階をかまします。
全て「自動連携」されるということがポイントです。

Gmail側の転送設定


まず、Instapaperのメアドをメモります。

TOPページ右下の「More」→「How to Save」から「E-mail」タブを選択すると自アカウントのメアドが確認できます。
スクリーンショット 2014 08 19 22 51 45

続いてGmail側で上記のメアドへ自動転送するために登録をします。
右上のネジボタンから「設定」→「メール転送とPOP/IMAP」タブへ移動して「転送先アドレスを追加」をクリック
スクリーンショット 2014 08 19 22 58 24

スクリーンショット 2014 08 19 23 00 59


登録するためには認証行為が必要となります。
Instapaper側でメールを確認して認証リンクをクリックすれば認証完了です。
スクリーンショット 2014 08 19 23 03 03

スクリーンショット 2014 08 19 23 05 24

認証設定が終わったら、転送設定に入ります。
Gmailはフィルタ設定という条件に該当したメールに対してアクションする機能があります。
このフィルタ機能を利用して該当したメールを転送させます。

Gmailで「設定」→「フィルタ」→「新しいフィルタを作成」をクリック。
スクリーンショット 2014 08 20 23 31 14


条件を設定します。ここでは、PLANETSチャンネルのメアドからの受信をトリガーにします。
Fromにメアドを記載したら、右下のフィルタを作成をクリック。
スクリーンショット 2014 08 20 23 51 021


そして、トリガーによって動くアクションを設定します。
ここでInstapaperのメアドへ転送を設定します。
スクリーンショット 2014 08 20 23 51 54

これでGmail側の設定は完了です。
メルマガが届いた途端にInstapaper側へ転送されることになります。


Instapaperの設定


続いてInstapaper側の設定になりますが、まずはKindle側のメアドを確認します。
Amazonにログイン→カテゴリ「Kindle」→上段バーの「My Kindle」をクリックしてMyKindle画面左側メニューの「パーソナル・ドキュメント設定」をクリックするとメアドが表示されます。

私は主にAndroidタブレットで見ることが多いので、Androidばっかり登録しています。
端末ごとにメアドを持っているので受信したい端末のメアドをメモっておきます。
スクリーンショット 2014 08 21 9 40 57

いよいよInstapaper側に設定してきます。
TOPページ右上の自分のメアド→「Settings」に写って下の方に「Kindle」というメニューがあります。
「Your Kindle Email Address」に先ほどメモったKindleのメアドを入力します。
「Kindle Automatic Delivery」と「Delivery Frequency」をチェック・入力することで
指定した時刻にInstapaperが受信した書類をKindleメアドへ転送してくれます。
私は毎朝8時に受信しているファイルをKindleへ送信することにしました。
スクリーンショット 2014 08 21 14 41 10

最後に「Save Kindle Preferences」をクリックすると設定保存されて完了です。



以上です!
全工程が自動連携するため設定後は楽ですが、設定には少し手間がかかりますね。

私の場合はNexus7で見ているのですが、メール平文に比べると格段に見やすくなりました。
文量も通勤時などに丁度いいので電車内で読むのに適していますし
メルマガの読み方についてお悩みの方にはオススメです。

また、PLANETSのメルマガの所感については別途書いてみたいと思います。




 
関連記事



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。